はじめに。赤ちゃんとの留学。

Ask what you can do


ハーバード大学JFケネディ公共政策大学院(ケネディスクール)の

入り口に掲げられたこのメッセージは、

言わずと知れた1961年のケネディ大統領就任スピーチの一節である。


“Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country”


恐らくこの大学院を目指し、学ぶ全ての人々が

真摯に自らに問い、胸を熱くする一節であると思う。


そして、私もそんなケネディの投げかけに強烈に感銘を受け

その問いと共に当該大学院で学ぶことを決意した人の一人だ。


***


私がケネディスクールの合格通知を受け取って約8ヶ月。

本来であれば3月に合格通知を受け取って、7月から授業が始まるところ、

1年の入学猶予をもらっている。


その理由は9月に赤ちゃんを出産したこと。


出産を理由に入学を1年留保してくれる学校側の寛容さに感謝しつつ、

一気に増えたこの上ない喜びと新たな重い責任感じながら

来年の7月の入学を期待と不安で待っている。


小さな赤ちゃんを連れて留学だなんて、、と眉をひそめる人もいる。


でも、私の背中を押してくれたのは、優しい夫や周りの人に加えて、

アメリカ最高裁判事のRuth Ginsburgの言葉(※)だ。


彼女は法科大学院の合格時に子供を授かり、

旦那さんが兵役で不在中にナニーを雇いながら学業を続けることを選んだ。


ワークライフバランスなどという言葉がない1950年代にその選択をし、

愛する旦那さんと協力しあって今の彼女がある。


”本当に法律が勉強したいなら、つべこべ言わずに両立できる道を考えたら。”


彼女が義理の父に言われた言葉で私もハッとする。

彼女は、赤ちゃんがいたことが大学院での成功に繋がったと言った。

私にとってその言葉はとても重く励みになっているのだ。


***


この国、そして社会のために自分ができることをやりたい。


日々オムツや涙に追われている自分が

この原点を忘れずに育児とハーバード留学を両立できるのか。


そしてその学びを社会に還元できるのか。


きっと沢山の方の助けを借りながらもがき進むだろうこの過程を書くことにした。



(※)New York Times, Oct 1,2016, Ruth Bader Ginsburg’s Advice for Livingより

“By the end of 1954, my pregnancy was confirmed. We looked forward to becoming three in July 1955, but I worried about starting law school the next year with an infant to care for. Father’s advice: “Ruth, if you don’t want to start law school, you have a good reason to resist the undertaking. No one will think the less of you if you make that choice. But if you really want to study law, you will stop worrying and find a way to manage child and school.” And so Marty and I did, by engaging a nanny on school days from 8 a.m. until 4 p.m.

Work-life balance was a term not yet coined in the years my children were young; it is aptly descriptive of the time distribution I experienced. My success in law school, I have no doubt, was in large measure because of baby Jane. I attended classes and studied diligently until 4 in the afternoon; the next hours were Jane’s time, spent at the park, playing silly games or singing funny songs, reading picture books and A. A. Milne poems, and bathing and feeding her. After Jane’s bedtime, I returned to the law books with renewed will. Each part of my life provided respite from the other and gave me a sense of proportion that classmates trained only on law studies lacked.“

向山 淳

Jun Mukoyama's Website ムコウヤマジュンのサイト

0コメント

  • 1000 / 1000